トリのハダよ

鳥肌立ったアレコレを時たま記すよ

第12回ハロプロ楽曲大賞2013 投票しました!

【楽曲部門】

第一位 Juice=Juice『ロマンスの途中』[3.0pt]


Juice=Juice 『ロマンスの途中』 [Romance is on its way] (MV) - YouTube

「愛の園」を思わせるメロウなイントロ、クールで印象的なブレイク、勇ましい主メロに絡むグルーヴィーなトラック……由緒正しきハロプロディスコの系譜を全て濃縮したようなファンキーさで、最高以外に言葉がないよ!こういうドス黒い路線でシングル切るのは「地平本願」以来?文句ナシで今年ベスト。


第二位 メロウクアッド『エイヤサ!ブラザー』[2.5pt]


メロウクアッド『エイヤサ!ブラザー』(MV) - YouTube

ホモソーシャル讃歌としか思えないマッチョな詩世界といい、「I Love You」を連呼するコール&レスポンスといい、知性のかけらも感じられないヒドい曲なんだけど……理屈抜きに「アガる」この感情は何なのか。一億総ヤンキー時代の到来を高らかに告げる新ジャンル・漁師バートン!


第三位 Juice=Juice『私が言う前に抱きしめなきゃね』[2.0pt]


Juice=Juice 『私が言う前に抱きしめなきゃね』 (MV) - YouTube

あれは忘れもしない3月2日のひなフェス前夜祭での初披露。派手なブラスとデカいキックによって会場のエコーが飽和して、何だか凶悪な感じで響いてしまってやや聴きづらかったのだけど、どうしようもなく「ヤバい」曲だということは秒速で伝わった!DJで今年一番よくかけた曲。


第四位 HI-FIN『海岸清掃男子』[1.5pt]


HI-FIN『海岸清掃男子』(MV) - YouTube

48Gのデビューから5曲目あたりでシングル切られそうな、哀愁漂うGS風の佳曲。ベッタベタなサビメロの強さと、セリフパートの背中がかゆくなる感じがたまらんね!「けど…トング片手にかっこいい!」「キャッ、ガラスの破片まで?」という二大パンチラインにインパクト大賞授与したい!


第五位 アップアップガールズ(仮)『サバイバルガールズ』[1.0pt]


サバイバルガールズ - YouTube

イントロ一発目のアタックが強いのでカットインしやすい!静→動とシフトしつつサビでテンポが倍速になるドラマチックでどう考えても盛り上がりまくる構成!オマケに1サビ終わりで繋ぎやすい!「私が言う前に~」の次ぐらいに多用した一曲かも。ガラッと雰囲気変えたいときにベスト。


次点:A B C D E-cha E-chaしたい、ヤッタルチャン、都会のひとり暮らし、アジアン セレブレイションなど


【MV部門】

第一位 ℃-ute『Crazy 完全な大人(Dance Shot Ver.)』 [6.0 pt]


℃-ute 『Crazy 完全な大人』 (Dance Shot Ver.) - YouTube

今年一番シコれるダンスショットなので。


【推しメン部門】

第一位 生田衣梨奈 [3000pt]

人が人を好きになることに理由なんているかよバカ野郎!(全盛期の猪木の眼光で)
とはいえ、いい機会なので生田さんに対する思いを綴ろうと思います。

正直、マジですかスカ~Only Youあたりは
「何だかぎこちない笑い方をするコだな…」
ぐらいの認識しかなかったのですが…。

地平本願~恋愛ハンター付近でバッサリ断髪したことによって、
必然的にフィーチャーされる肩~鎖骨~二の腕の美しさに目を奪われるうちに、
いつしか生田さんの魅力にズブズブと引き込まれてしまいました…。

今年もシングル曲の歌割はほぼゼロだったのは残念だけど、バラエティ要員(危なっかしさ含め)や
ライブにおけるアクロバット要員として、大器の片鱗を見せ続けてくれたのではないでしょうか。
まだまだもうちょっとだけ盲目でいられそうです。

広告を非表示にする